投稿:EDMU(デジタルメーター)インプレ

from: N熊 2018年04月28日 21時45分 未回答 コメントする
最近デビューしたエドガンのモデルには、ほぼすべてEDMU装備されてますよね。
今までになく、計測精度が高いだけでなく。
いろんな計測機能がついてますよね。

「 一発毎の消費エア量 」
「 平均の消費エア量 」
「 最大の消費エア量 」
「 最小の消費エア量 」

これらの機能のおかげで、現在のセッティング状況の結果が、正確に把握できます。
ハンマースプリングの調整やレギュ調整、残圧ごとの変化も把握可能で。
細かい調整の参考データとしては、ありがたい機能だと思います。

そしてメインたる機能が。

「 残圧表示 」
「 発射可能残弾数 」

なのですが。。これが単純に便利になりました。
あくまでもワタシ目線なので、皆様にどの程度ありがたみがあるのかはわかりませんが。
まず、このデジタル表示がありがたいのです。

画面いっぱいに輝く電光表示は、周囲の明るい暗いに関係なく。。はっきりと表示。
アナログメーターだと、今どのくらいの圧力?で。
ジーっとのぞき込んで、目盛りとの位置関係を確認するのが常でしたが。
顔を近づけなくても、遠目にもはっきり。
出猟前の、薄暗い車中での準備確認でも。。ラクチン。
ローガンが進行してきている私の目には、とっても優しいのです。
それでいて、このサイズのメーターとしては究極といえる精度。

発射可能弾数も、一発毎のエア消費量と、残圧から自動的に計算して表示してくれるので。
他社のエアライフルでも使用可能という、優れものらしいです。
もちろんこれも見やすくて。
今までみたいに、残圧から想像力を働かせる必要もなくなり。。
思考時間や思考労力という意味でも、ストレスフリーになりました。

性能維持できる「 最低残圧 」も変更可能で。
銃の特性に合わせて、セッティングも自由自在なようです。

わたしのR3M25口径にも、さっそく装着しました。
デザイン的にも、正面からのシルエットがブラックアウトされて。。私好みになりました。

エドの動画を見てると。
このユニットを完成させるにあたって、海外のあちこちのメーカーに部品のオーダーメイドさせて。
ロシアで組み立てしたもののようで。
相当な力作のようです。
確かに、夢のような機能が満載で。
エドガンの進化も止まらない。。そんな感じですよね。

【関連キーワード】なし
  返信数:0 | 未回答  Me too度:38 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:メンテナンス

コメントする

現在の所、未回答です

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。