投稿:コッキングハンドルの問題

from: フォレスト 2018年11月26日 23時09分 受付中 コメントする
マタドールR5をこれまで使用して気が付いた問題点は
コッキングハンドルのロックが肩に当たって不用意に解除される事があります。
それでロックのラッチ固さを調整出来ないかと分解してみましたが、
注意して分解しないとラッチのためのスプリングとベアリングが飛び出して危うく無くすとこでした。
分解するときは透明のビニール袋の中でも作業することをお奨めします。
調整はスプリングを強いものに交換すれば可能だと思いますが滑りも固くなると思われるので諦めました。
簡易な固定方法として結束バンドをスリングリングに通して輪を作り、
コッキング後にコッキングハンドルに引っ掛ける方法をとりあえず採用しました。
この問題はストックより後ろにコッキングハンドルがあるR5だけの問題ですので
R3MやフロントコッキングのR5Mに関係のない問題ですので安心してください。
【関連キーワード】R5コッキングハンドル
  返信数:1 | 受付中  Me too度:7 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:メンテナンス

コメントする

from: マルコ  2018年12月11日 00時45分
フォレストさん、こんばんは。

R5のコッキングについて投稿頂きありがとうございます。また、ラッチにスプリングとボールベアリングを使っているところがあるので、確かに構造をよく分かっていないと、ボールトスプリングが飛び出しますよね。

狩猟が終わってひと段落したら、メンテのツボみたいなものを作ってみようかと思います。
コッキングレバーの工夫も、結局今あるものでいかに楽しむかということで、数少ないR5オーナーさんにも役立つ情報ですので、今後ともよろしく願いします。

役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。